古美術瀬戸について

新着情報

2016.9.21
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.9.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.8.21
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.8.11
誠に勝手ながら8月12日(金)から8月16日(火)まで夏季休業を頂きます。8月17日(水)より通常営業致します。休業中ご用の方はお電話にてご連絡くださいませ。
2016.8.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
古美術瀬戸メインイメージ001古美術瀬戸メインイメージ002古美術瀬戸メインイメージ003

注目商品

16081_伊藤若冲_引千切図_01
伊藤若冲 引千切図
<作者>
伊藤若冲
<作品名>
引千切図
<略歴>
江戸時代中期の画家。京都錦小路の青物問屋に生まれる。字は景和、斗米庵とも號す。幼少より画を好み、初め狩野派に学びのち宋元画の模写に励む。花鳥画、殊に鶏画を得意とし、飼育する鶏を熟視し描いたという。絵を求める人があれば米1斗をもってこれにかえたため、斗米庵と號したと伝わる。現在宮内庁で保存されている『動植綵絵』三十幅は代表作。寛政12年(1800)歿、85才。