古美術瀬戸について

新着情報

2016.5.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.5.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.4.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.4.6
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.3.30
次回の展覧会情報を更新しました。「ギャラリースペース」をご覧下さい。
古美術瀬戸メインイメージ001古美術瀬戸メインイメージ002古美術瀬戸メインイメージ003

注目商品

16045_棟方志功 歓喜モ驚異モ 書_01
棟方志功 歓喜モ驚異モ 書
<作者>
棟方志功
<作品名>
歓喜モ驚異モ 書
<略歴>
大正~昭和の版画家。青森県生。洋画を独学、上京して帝展に入選。川上澄生の作品に感銘を受けて木版画の道へ進む。柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司ら民芸運動のメンバーとの交流が転機となり、宗教的主題の多くの傑作を生み出す。数々の国際展でも受賞、高い評価を受ける。朝日文化賞受賞。文化功労者。文化勲章受章。自らの木版画作品を「板画」と表現した。昭和50年(1975)歿、72才。