古美術瀬戸について

新着情報

2016.12.1
展覧会情報更新しました。「ギャラリースペース」をご覧下さい。
2016.11.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.11.20
展覧会情報更新しました。「ギャラリースペース」をご覧下さい。
2016.11.6
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2016.10.25
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
古美術瀬戸メインイメージ001古美術瀬戸メインイメージ002古美術瀬戸メインイメージ003

注目商品

16103_竹内栖鳳_二雀_01
竹内栖鳳 二雀
<作者>
竹内栖鳳
<作品名>
二雀
<略歴>
日本画家。元治元年(1864)京都生。本名恒吉。最初は棲鳳と号す。別号に霞中庵。17歳の時に四条派幸野楳嶺の私塾へ入門。その才能を開花させ、楳嶺四天王の筆頭と呼ばれるようになる。京都府画学校卒。東の横山大観と並び称される京都画壇の重鎮である一方、後進の指導にも積極的に取り組んだ。画塾『竹杖会』を主宰し、門下には上村松園や西山翠嶂をはじめとして土田麦僊や小野竹喬、橋本関雪など、そうそうたる面々が並ぶ。昭和12年(1937)第一回文化勲章受章。