【2021.5.5】
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。

作品名・作者名・時代・略歴など

日本の動物画-いきもののかたち-をオープンしました。

こちらのウェブサイトに加え、新たに、
江戸期の作品を中心に、
伝統的な「花鳥画」を「動物画」と広義に、
そして少しやわらかく捉え、
様々な作品をご紹介するウェブサイト、
日本の動物画-いきもののかたち-」を
オープンいたしました。

愛らしい子犬やネコ、
凛々しい鷹やリアルな猿、
擬人化された昆虫たち、
はたまた少し艶っぽいモチーフの作品など、
日本の―いきもののかたち―をおたのしみ下さい。

お薦めの作品

新着作品一覧

藤花飛燕図

西本願寺十九世 本如上人

自画像画賛

高橋泥舟

月下柳蛍図

岸竹堂

八紘一宇

石原莞爾

菖蒲兜虫之図

松村景文

飛鮎

金島桂華

目録のご案内

当店では、年1~2回、商品目録を発行しております。

古書画などの掛軸を中心に額・屏風・道具類など数々取り揃え掲載しております。
商品目録をご希望のお客様は、目録ページよりお申込み下さい。

無料にてお送り致します。

近日開催予定の展示

大村美玲 日本画展「breathe ag…

古美術瀬戸のギャラリースペースでは、日本画家・大村美玲さんによる展覧会を開催いたします。数々の展覧会で受賞を重ね、日々研鑽を積まれている大村さんの、大小約30点程の作品が並びます。力作の数々をぜひご高覧下さい。

大村美玲 日本画展「breathe again」
開催期間:2021年9月7日(火)- 9月12日(日)
開館時間:10:00-18:00
会期中無休

【作家コメント】
古美術 瀬戸にて2021年9月7日(火)から9月12日(日)まで、大村美玲 日本画展「breathe again」を開催します。
2019年開催「息吹」展から二年、コロナ禍での制作を通し、より身近な命の大切さを感じると同時に、デジタル化が進む中、再び日本画制作の「生」の声を聴く重要性を再確認する期間となりました。
ほっと、一息をつき、再び呼吸を始めるように、じっくりと時間をかけて息づく命の端に触れる。
大作、小作品を含めた約30点を展覧、心に吹き込む新たな源となれば幸いです。

主な展示作品
「breathe again」令和3年(2021)
「neuma」令和3年(2021)
「pneuma」令和3年(2021)
「背」令和3年(2020)
「巡る」令和元年(2019)

【大村美玲】
略歴
1988年 京都府生まれ
2011年 京都精華大学 造形学科 日本画コース卒業
2014年 京都造形芸術大学 芸術表現専攻 日本画領域 博士(前期)課程卒業
2017年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科 博士(後期)課程卒業

ホームページ https://www.omuramirei.com/

画歴・受賞歴
2010年 京展入選 (2011/2014)
2012年 第18回 松伯美術館花鳥画展 大賞 (松伯美術館)
京都花鳥館奨学金2012 最優秀賞
2013年 第19回 松伯美術館花鳥画展 優秀賞 (松伯美術館)
2014年 第14回 佐藤太清賞公募美術展入選
第40回 記念春季創画展入選 (2014/2015/2016/2019/東京都美術館、東京他)
2015年 第42回 秋季創画展入選 (2016/2017/2019/2020東京都美術館、東京他)
池田泉州銀行カレンダー原画展 佳作
2016年 第25回 公益財団法人佐藤国際育英財団奨学生 (於 佐藤美術館展)
2017年 京都日本画家協会 第5期展 出品 (京都府京都文化博物館)
2018年 第二回 松伯日本画展 入賞 (松伯美術館)
第8回 前田青邨記念大賞展 奨励賞
2019年 第37回 上野の森美術館大賞展 優秀賞/彫刻の森美術館賞
大村美玲 日本画展 息吹 (Art Space-MEISEI)
京都日本画家協会 第7期展 出品 (京都府京都文化博物館)
Seed 山種美術館 日本画アワード2019 -未来をになう日本画新世代- 入選 (山種美術館)
2020年 京都日本画新展2020 出品 (美術館「えき」KYOTO/ホテルグランヴィア京都)
第37回 上野の森美術館大賞展 入賞者展 出品

※当店では新型コロナウイルス対策としまして、展覧会の際は入口にアルコール消毒液を設置いたします。
また、マスク着用でのご来店をお願い致します。
尚、体調のすぐれない方のご来店はご遠慮くださいますよう、ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

買取り査定

あなたのお手元にある作品の買取い査定をいたします。まずは、査定申し込みフォームよりお気軽にお問い合わせください。

注文・お問い合わせ

ウェブサイトや目録に掲載されている作品にご興味がおありの方は、作品について電話またはメールフォームよりお尋ねください。

Instagramでも情報をお届け