古美術瀬戸について

新着情報

2017.10.21
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.10.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.9.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.9.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.8.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。

松村景文 岡本豊彦 嵐山・高雄 双幅





作品番号17087
作者松村景文 岡本豊彦
作品名嵐山・高雄 双幅
作品詳細絹本着色 今尾景年箱書 各30.5×23 33×104cm 象牙軸先
略歴【松村景文】
江戸後期の日本画家。字は子藻、号は華渓、通称要人。京都四条派の祖松村月渓(呉春)の異母弟。兄呉春に画を学び、花鳥画をもっとも得意とした。同門の岡本豊彦とともに四条派の様式を確立し、その発展・隆盛に尽力した。天保14年(1843)歿、65歳。

【岡本豊彦】

江戸後期の画家。備中生。字は子彦、通称を司馬、号に繭村・鯉喬等。呉春門下で研鑽を積み、山水・人物画が特に優れたことで知られる。松村景文と四条派の双璧を成し、「花鳥は景文、山水は豊彦」と称された。他同門には柴田義董・小田海僊など。呉春の死後は「澄神社」と呼ばれる画塾を開き、その門人からは柴田是真・塩川文麟・田中日華らが出た。弘化2年(1845)歿、73歳。
価格180,000 円