古美術瀬戸について

新着情報

2017.9.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.8.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.8.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.7.20
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
2017.7.5
新着作品5点更新しました。「新着作品一覧」をご覧下さい。
古美術瀬戸メインイメージ001古美術瀬戸メインイメージ002古美術瀬戸メインイメージ003

注目商品

17080_冨田渓仙_松虎図 二曲一双_01
冨田渓仙 松虎図 二曲一双
<作者>
冨田渓仙
<作品名>
松虎図 二曲一双
<略歴>
明治~昭和の日本画家。福岡県生。名は鎮五郎。字は隆鎮。別号に雪仙、渓山人など。はじめ狩野派を学び、京都に出て四条派の都路華香の門に入る。のち仙厓義梵、富岡鉄斎に傾倒し、また奈良・平安朝の仏画をも研究した。横山大観にみとめられ、大正4年日本美術院同人となる。駐日フランス大使であった詩人のポール・クローデルや、俳人河東碧梧桐との交流も知られている。昭和11年(1936)歿、58歳。